Browsed by
月別: 2016年8月

面接から内定まで

面接から内定まで

十年一昔と言います。10年前と言えば、21世紀に入った直後。パソコンの世界ではWindows XPが登場し、それまで動作も結構不安定だったパソコンが、かなり安定し始めた頃。それ以前はインターネットも、今ほど一般的ではありませんでした。風俗の求人も、コンビニ等に置いてある少しいかがわしげな雑誌から探すのが主な手段でした。ところが今はスマホも大きく普及し、誰でもがインターネットを使える時代。パソコンやスマホから風俗求人の応募ができるようになりました。これがデリヘルを始めとする風俗のお仕事を、より一般化させる要因となります。

やり方は本当に簡単。ネットの情報でお店とLINE・電話・メールを使い、面接日時・場所・必要なもの等の確認を行って下さい。そして、いよいよ面接日当日。社会人として当然ですが、時間に遅刻するようなことの無いよう気をつけて下さい。特にデリヘルというお仕事上、これは重要です。

面接では、お給料のこと、お仕事の流れ等が説明されます。その際ルックスや一般企業と同様、態度や言葉遣い等がチェックされ、問題ないとなればほとんどのデリヘルで、体験入店を勧められます。体験入店の話が出た時点で、一般企業で言う内定がもらえたと考えて良いでしょう。

デリヘルで働こう

デリヘルで働こう

男女雇用機会均等法の成立が1985年です。それから30年以上が経過したわけですが、果たして女性は稼げるようになったのでしょうか。確かに専業主婦が多かった時代と比較すると、社会進出した女性は増加し、増えたと言うことは出来るでしょう。しかし、現在働いている女性の58%は非正規雇用。新卒採用の女性でも数値的にはほとんど変わらず、6割が非正規雇用での採用というのが現実です。1度非正規になってしまうと、そこからの脱出は極めて困難です。

そしてそんな最中の2015年9月、労働者派遣法の改正がありました。「同じ労働者では最長3年」派遣期間の限度が、3年までと決められてしまったのです。非正規は、3年を上限に使い回されるだけ。当然、キャリアアップなんか望むべくもありません。いつの時代も、お上の言う通りに生きていたのではろくな事がないのは同じです。

風俗の世界で働いてみてはいかがでしょうか。収入が飛躍的にアップするのは、間違いありません。日給にすると全国平均で、3~5万円といったところが定説。その風俗の世界で今最も勢いのあるのが、デリヘルと呼ばれる風俗店です。派遣型の風俗で、サービスをデリバリーするわけですね。

ここではそのデリヘルの面接を受けに行くところから、採用され働き始めたときの仕事内容、更にそこからステップアップしてより大きく稼げる方法をまとめています。1日数万円の稼ぎをあげる事は、もうお堅い仕事では不可能と言っても良い状況です。人生は楽しんで下さい。